手持ちの写真から風景写真を選ぶ−デジタル編

今やデジカメ全盛期。
写真を探すというと、もはやパソコンやデジカメの中に入っている画像を探すことだ、という人も多いでしょう。

さて額に入れて写真を飾るとなると、最低でもA4サイズ以上で印刷したいところです。
もっと大きければそれだけ迫力も出てきます。
しかし、このときに気を付けなければならないのが、写真データの画素数です。

画素数が少ない写真を大きく印刷すると、情報量が足りないためどうしてもぼやけた感じになってしまいがちになるのです。
たとえばA4サイズで印刷する場合、500万〜600万画素以上のデータがあると安心と言われています。
(参考)http://arena.nikkeibp.co.jp/qa/20060125/115145/ ※記事掲載終了

600万画素の画像というと、ピクセル数では3000×2000位のデータになります。けっこう大きいですね。
A4程度ならば、もっと少ない画素数でも大丈夫かもしれません。そもそも感覚の問題もあり、一概にこの画素数なら良いというものではありません。
しかし気合いを入れて印刷したのに、よく見るとぼやけてる……なんてことになるとショックです。画素数は素材選びの段階から意識しておいた方が良いでしょう。

 [PR]BTOパソコンのサイコムさんを応援するページ
 ↑私が作ったサイトです。サイコムさんのことを知ってください!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。